キャンピングカー『飛鳥』で活動中!

『飛鳥』で車中泊とアウトドアライフ

この管はなんですか?  キャンピングカー紹介①

キャンピングカーを見せて下さいと、興味深く訪ねてくる方がいます。

この管は何ですかとたずねられました。(『飛鳥』は運転席側の前輪と後輪の間に突出しています)

f:id:yokacam:20181203224924j:plain

答え:FFヒーターの排気管 です。

エンジンを止めていても、このヒーターを動かして暖をとります。燃料は走行用のガソリンタンクからとります。

FFヒーターのFFとは、「Forced draft balanced flue:強制給排気式)」の略

燃焼ガス(排ガス)が排気管で外部に出ます。燃焼ガスを一度熱交換してから排ガスのない温風を吹き込むので非常にクリーンな暖房機器です。換気の必要はありません。

 本車には、ベバスト(Webasto)社 ドイツ の Air Top AT 2000STC が搭載されています。(オプション) 室内機は、セカンドシート下に配置されています。

f:id:yokacam:20181202085052j:plain

 

リモコンスイッチで、設定温度を調整できます。下写真の中央ダイヤル

(子供が触れ難い様に移設して貰いました)

f:id:yokacam:20181205224003j:plain

 

先日の車中泊で使用しましたが、外気温度が3度でも、快適に睡眠できました。

FFヒーターは冬場の車中泊では必須アイテムであることがわかりました。

乾燥し、喉がカラカラにならないように多少の換気も必要なことも学習しました。