キャンピングカー『飛鳥』で活動中!

『飛鳥』で車中泊とアウトドアライフ

ハイエース200系リコール届出 飛鳥は対象外。

トヨタ自動車は12日、ハイエースなどの不具合について、リコール(回収・無償修理)を国土交通省に届けています。ハイエースレジアスエースの2車種8万8969台(2014年12月~19年1月製造)が対象。

1.不具合の状況

自動変速機において、エンジン制御用コンピュータ内の変速油圧制御プログラムが不適切なため、変速の際、油圧が過度に高くなることがあります。そのため、急加速等の使用を繰返すと変速機内のクラッチが損傷して加速不良が生じ、最悪の場合、走行不能になるおそれがあります。

2.改善の内容

全車両、エンジン制御用コンピュータ内の変速油圧制御プログラムを対策仕様に修正します。

3.対象車両
型式 通称名 対象車の含まれる
車台番号
製作期間 対象車の
台数
備考
CBF-TRH200V
CBF-TRH200K
CBF-TRH200K改
ハイエース
レジアスエース
TRH200-0207441~
TRH200-0294277
平成26年12月 9日~
平成31年 1月19日
75,533  
CBF-TRH200V TRH200-5022655~
TRH200-5037767
平成26年12月25日~
平成31年 1月 9日
13,436

 

200系4型へのマイナーチェンジ時にAT車これまでの4速から6速に多段化した時のプログラムのが原因のようですね。 

 

飛鳥の車体番号は、『TRH221』(スーパーロング)で始まるので対象外でした。

※CBF-TRHはガソリン車、200Vは標準ボディー/標準ルーフ、200Kは標準ボディー/ハイルーフ

 

 

 トヨタリコール検索サイトでチェック

リコール等情報対象車両検索 

 

f:id:yokacam:20200216070720j:plain

 

日本マラソンの父 金栗四三の生家 お出かけ

熊本県和水町にある、金栗四三の生家を訪ねました。車で1時間程度です。築200年の家で、昔は茅葺きの屋根が今はトタンが張ってあります。

f:id:yokacam:20200209130032j:image

f:id:yokacam:20200209130043j:image

明治33年の家族写真下段左から3番目が金栗四三 

f:id:yokacam:20200209130126j:image

f:id:yokacam:20200209130651j:image

f:id:yokacam:20200209130721j:image

ここから6キロメートル離れた中学校に走って通ったことが大成の基礎になっているそうです。

f:id:yokacam:20200209130824j:image

見学者は3組みしかおらず、大河ドラマのブームは過ぎた感じでした。

夏のオリンピックの頃は、活気は戻ってくるでしょうか。

金栗四三の兄役の獅童さんのサインもありました。f:id:yokacam:20200209131215j:image

 

http://www.kanakurishiso.jp

入場料300円 中学生以下無料

 

 

 

駅伝大会の応援 ボートレーサー養成所 お出かけ

柳川市の駅伝大会が今年も
日本モーターボート競走会 ボートレーサー養成所 で開催され応援にでかけました。
駅伝の名付け親の武田千代三郎は、柳川市出身ということもわかりました。

笹川良一さん作のブロンズ像が出迎えてくれます。



倉庫を覗くとボートが整然と格納されていました。

グーグルマップの航空写真の転載です。
東側の水面が駅伝大会のコースで、一周1500mです。
南側は、有明海です。

ボートレーサー養成所は、一年間の全寮制で卒業後は、夢のボートレーサーになれます。
入学条件は、30歳まで、体重57kg以下等あります。授業料は無料のようです。

橋の駅ドロンパってなーに? お出かけ

先日は「川の駅船小屋恋ぼたる」に出かけたので、今回は橋の駅に出かけました。
いづれも家から10km程度です。
以前の記事の昇開橋の佐賀県側です。
https://yokacam.hatenablog.com/entry/2019/06/23/171511



佐賀市観光情報発信館で物産センターの機能があります。

トイレは道の駅とは異なり24時間使用できません。今朝は8時半にシャッターが開きました。利便性は組織化されている道の駅がありますね。